WordPressのメタ情報を「表示、非表示」させる方法

2022年4月26日

WordPressを使い始めると、サイト上にメタ情報が表示されていることに気付くと思います。

メタ情報とはこの表示部分です。

サイト上に表示されたメタ情報

サイト上にメタ情報が表示されていると、誰でもWordPressのログイン画面にアクセスできるので簡単に「乗っ取られる」危険性があります。

また、サイト訪問者にとって関係ない機能なので、非表示にしてユーザーをできるだけ混乱させないよう配慮しましょう。

メタ情報はデフォルトで表示されているので、非表示にするためには設定変更の必要があります。

今回は、メタ情報を表示、非表示させる設定方法について解説していきます。

WordPressのメタ情報を「表示、非表示」させる方法

アーカイブの下にメタ情報の「サイト管理」「ログアウト」「投稿のフィード」「コメントフィード」「WordPress.org」が表示されています。

サイト上に表示されたメタ情報

非表示設定すると、アーカイブの下にあったメタ情報がなくなりました。

実際の手順

WordPress管理画面から「外観」→「ウィジェット」を選択します。

ウイジェットをクリックすると、どこかにメタ情報の項目があります。

外観からウイジェットをクリックする

表示、非表示の設定方法は2通りあります。

①ウイジェットのメタ情報を追加または削除する方法。

削除の場合は、「メタ情報」を追加した任意の場所(この場合はサイドバートップ)をクリックし「削除」をクリックすると非表示になります。

メタ情報を削除する

表示させる場合は、メタ情報から任意の場所を選び「ウイジェットを追加」をクリックします。

メタ情報を追加する

②「メタ情報」をドラッグ&ドロップで移動する。

簡単なのは「メタ情報」ドラッグ&ドロップして移動させる方法です。

任意の場所(この場合はサイドバートップ)にある「メタ情報」をドラッグ&ドロップで左側に移動させると削除できます。

メタ情報をドラッグ&ドロップする

表示させたいときは「ウィジェット」→「メタ情報」で表示させたい場所にドラッグ&ドロップで移動させるだけです。

まとめ

  • メタ情報の表示は誰でもWordPressのログイン画面にアクセスできるので「乗っ取られる」危険性がある
  • メタ情報を非表示にしてユーザーをできるだけ混乱させない

WordPressの使い始めは「メタ情報」がよくわからないと思いますが、サイト上に表示させるデメリットがあるので「表示、非表示」の必要性を検討しましょう。

WordPressで初期設定しておくべき項目はこちら。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ピコリ

【カングー/PC・ガジェット/DIY/節約好き】ルノーカングーに関するセルフメンテナンスや内装・外装のカスタム|古くなった車体やパーツをキレイに保つためのDIY情報|お得な車検情報|PC・ガジェットのレビューや設定|PCパーツの交換方法|節約できるDIYが趣味|