Amazonプライム会員は月額500円(年額4,900円)で特典多数!「我が家でよく使うプライム会員の特典5選」

2022年11月30日

Amazonではプライム会員というお得な会員制度があります。

会員は月額500円(年額4,900円)かかりますが、会員特典が盛りだくさんで十分、元がとれます。

会員特典のサービスは会員費に含まれており、追加費用もなし。

Amazonプライム会員のことを知らない、または利用したいけどよくわからないという方に向けて「我が家でよく使うプライム会員の特典5選」について説明していきます。

Amazonプライム会員の入会条件

Amazonプライム会員は月額500円(または年額4,900円)で入会できます。

さらに対象学生であれば通常の半額です(Prime Student)。

入会直後から「Amazonの様々なサービスがお得に(または無料で)利用できる」ようになります。

現在プライム会員特典は以下の9点です。

  • お急ぎ便・日時指定が無料
  • Prime Video(プライムビデオ)
  • Amazon Music Prime(アマゾンミュージックプライム)
  • Prime Reading(プライムリーディング)
  • Prime Gaming(プライムゲーミング)
  • 会員限定先行タイムセール
  • Amazon Photos(アマゾンフォト)
  • ママ・パパ向け特典

出典:https://www.amazon.co.jp

ビデオ、ミュージック、リーディング(電子書籍)に関しては広く浅いラインナップなので、ヘビーユーザーであれば物足りないかもしれません。

プライム会員に登録する前に、あらかじめラインナップを確認しておきましょう。

Prime会員はこちら

我が家でよく使うプライム会員の特典5選

  • お急ぎ便・日時指定が無料
  • プライムビデオ
  • アマゾンミュージックプライム
  • アマゾンフォト
  • プライムリーディング

お急ぎ便・日時指定が無料

出典:https://www.amazon.co.jp

プライム会員になって良かったと思うのは、圧倒的にコレです!

なんとAmazonで購入できる100万点以上の商品配送オプションが無料!

現在、食料品以外のほとんどをネット注文していますが、きっかけはAmazonの「配送料無料」特典でした。

楽天市場も良く使いますが、「配送料無料」という点でAmazonが圧倒的有利です。

同じ商品であれば、必ずAmazonと楽天市場で調べますがほぼ同じぐらいの値段なんですよね。

楽天市場で送料無料になるのが3,980円以上(対象外あり)なので、その金額に満たない場合は必ずAmazonで購入しています。

ネットで購入するときの第1選択がAmazon、第2選択が楽天市場、第3選択がヤフーショッピング(ほぼ使ってない)の順番ですね。

メリット

  • 追加料金なしで何度でも利用可能
  • 注文金額にかかわらず利用可能
  • 最短翌日に届く
  • 12:00までに注文の商品は翌日到着
  • 8:00から21:00までの5つの時間帯で指定可能
  • 日にちを指定可能
  • 間違い注文などは30日以内に返品可能
  • 置き配指定可能
  • 指定場所への配達可能
  • 配達完了をメールでお知らせ
  • カスタマーサービスが24時間365日、電話とチャットで対応

月に何度か買い物すれば、会費分の元はすぐ取れます。

プライムビデオ

大画面で動画をみる男性の後ろ姿

プライムビデオは、動画配信で競合するNetflixやU-NEXT、Huluなどと並び人気のサービスです。

映画やドラマなどの豊富なコンテンツに加えて、Amazonでしか見られないオリジナル番組もやってます。

プライム会員はコンテンツをほぼ無料視聴できて、最新作品のレンタル視聴や購入も可能です。

DVDレンタルでは「借りに行く」「返しに行く」のが面倒ですし、見たい作品を探す手間や借りられない場合もあります。

自宅で画面を見ながらポチっとするだけでレンタル完了するので、最近、DVDのレンタルはしてないですね。

「Amazonで見たいものがない場合」「もっと多くのコンテンツを見たい方」は、U-NEXTやhulu、Disney+などもおすすめです。

長距離ドライブで暇を持てあます子供たちに最適

Amazonが販売しているFire 7 タブレット
出典:https://www.amazon.co.jp

Amazonでは「Fireタブレット(ファイアタブレット)シリーズ」というオリジナルタブレットを販売しています。

このタブレットは、何と!プライムビデオのコンテンツを端末にダウンロードして見ることが可能なのです。

端末に保存しているので、ネット環境がない屋外でも再生できるのがうれしいところ(ネット接続しないと48時間の制限あり)。

屋外で使えると助かるのが「長距離ドライブで子供向けの映画、TV番組を流せる」という点です。

長距離ドライブ中、子供がいつも暇そうにしていたので「車に乗っても子供が退屈しない」のは助かります。

タブレットを導入してから「まだ着かないの?」と言われなくなりました。

映画だけじゃなくTV番組も収録されているので、今だと「スパイファミリー」をイッキ見してますね。

「自分の子供時代に欲しかったな」とつくづく感じます。

アマゾンミュージックプライム

出典:https://www.amazon.co.jp

音楽配信サービス「アマゾンミュージック」で1億曲が聴き放題!

広告なしで好きなジャンルの音楽をいつでも楽しめます。

たいていの曲は聞けますが、全て聞けるわけではありません。

「物足りないな」と感じる方は、さらに対象曲が増えたAmazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)というサービスがあるので検討してみて下さい。

Amazon Music unlimitedはこちら

もちろん音楽は、スマホやPCで聞けますがアマゾンが開発した「エコー(Echo)シリーズ」(音楽再生端末)があるとさらに便利です。

エコー(Echo)と連携するとさらに便利

Amazonの開発したデバイス「エコー(Echo)シリーズ」は音楽が再生できる端末です。(一部、画面付きモデルあり)

この端末はアレクサを搭載しており、音声入力で色んなアクションができる便利なヤツです。

あんまり気に入ったので、狭い自宅にもかかわらず合計3台も買ってしまいました。

左:Echo dot 中央:Echo 右:Echo show5

Echo show5 (エコーショー5)のレビューについてはこちらから。

Echo show5 (エコーショー5)は、たまに画面に不具合がでる個体があるそうで、購入した製品が初期不良だったので返品交換してもらいました。

「Amazonは太っ腹でサポートが早い!」という記事はこちらから。

このエコーがネット接続していれば「アマゾンミュージックプライム」とつながって、1億曲のうちの好きな曲が再生されます。

アレクサに「最近の曲」「今年の曲」「○○(人名)の曲」をかけて、と指示すれば勝手に選曲して再生してくれます。

もう自分で選ばなくても良い時代なんですね。

音声入力は小学生の子供でも出来るので「アレクサ!○○かけて」とアニメ主題歌なんかをリクエストしてます。

Amazonが開発しているデバイスは、セールのタイミングでかなり安くなるので要チェックです。

アマゾンフォト

プライム会員は容量無制限のフォトストレージが特典についている
出典:https://www.amazon.co.jp

アマゾンフォトは、写真は無制限、動画は5㎇まで無料のクラウドストレージです。

プライム会員ならスマホ撮影した写真を圧縮なしの画質で、しかも無制限でクラウド保存してくれます。

自動保存の設定であれば勝手にクラウド保存してくれるので、大切な写真を誤って削除しても復元可能です(スマホにアプリが必要)。

1人のプライム会員に対して、家族や友人など最大5人までフォトストレージを共有でき、パソコン・スマホ・タブレットなど端末を問わず利用できるのも便利です。

今はスマホで写真をとることがほとんどなので、アマゾンフォトに自動保存できた写真はすべてHDD2台(1台はコピー用)に保管しています。

大事な写真がもしも消えても復活できるように「メインの保管はHDD2台」と「バックアップでアマゾンフォト」という方法をとっています。

プライムリーディング

出典:https://www.amazon.co.jp

小説・ビジネス本・雑誌・マンガなど幅広いジャンルのデジタル本を、会員費だけでパソコンやスマホ、タブレット端末で読むことができるサービスです。

「プライムリーディング」で対象デジタル本が読み放題なんですが、私としてはあまり使っていないサービスですね。

なぜか?というと、読みたい本が「プライムリーディング」にない(ことが多い)んです!

すべての本が対象というわけではないので、物足りない方もいるかもしれません。

「プライムリーディング」の豪華版で「kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)」というサービスがあります。

「キンドルアンリミテッド」は月額980円で200万冊以上が対象の読み放題サービスになります。

ビジネス書が1冊1,500円ぐらいとすれば、月1冊以上読む人は全員元が取れる計算なので、読書好きなら満足度が高いと思います。

たまに対象者限定で「キンドルアンリミテッドが3か月間99円」というキャンペーンがあるので、このタイミングで登録するようにしています。

対象となるのは過去12か月以内に同サービスの無料体験やキャンペーンを利用していないユーザーなので、自分が対象かどうかチェックしてみましょう。

ちなみにキャンペーンのときだけ登録して使ってます。

まとめ

「我が家でよく使う便利なサービス5選」について解説してきました。

もちろんAmazonプライム会員ですが「月額500円で盛りだくさんのサービス」が利用できるので、解約する気にならないですね。

家族全員がプライム会員の恩恵を受けまくっているので、むしろ必要経費ぐらいに思ってます。

アマゾンデバイスを使うなら「プライム会員」がオススメ

映画・TV番組、音楽、マンガ、配送オプション無料、フォトストレージなど盛りだくさん。

まずは、プライム無料体験から!!

>>Amazon プライム無料体験に登録

  • この記事を書いた人

ピコリ

【カングー/PC・ガジェット/DIY/節約好き】ルノーカングーに関するセルフメンテナンスや内装・外装のカスタム|古くなった車体やパーツをキレイに保つためのDIY情報|お得な車検情報|PC・ガジェットのレビューや設定|PCパーツの交換方法|節約できるDIYが趣味|