DELL inspiron 5405のメモリ増設方法と注意点|8GB追加して16GBに増設

2021年12月16日

2020年11月に購入したDELL inspiron 5405(第3世代 AMD Ryzen 5 4500U 2.3GHz 6コア)のメモリが8GBで、もう一つ空きスロットがあったので8GBメモリを追加して合計16GBに増設しました。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のメモリを8GB追加した

本記事の要約

  • 適合するメモリの規格
  • メモリ増設の手順
  • メモリ増設後、再起動した後の注意点
  • パソコンのスペック確認方法

メモリの増設や交換はノートパソコンの裏蓋さえ外せれば成功したようなものです。

HPの15s-eqシリーズのメモリ交換も解説していますので、こちらもあわせてどうぞ。

あわせて読みたい

早速、始めましょう。

追加購入したメモリの規格

DELL inspiron 5405(第3世代 AMD Ryzen 5 4500U 2.3GHz 6コア)に追加できるメモリの規格は以下の通りです。

  • DDR4-3200MHz (PC4-25600)
  • ノートパソコン用260pin(SODIMM )

追加購入したメモリはこちらです。

  • メーカー名:Micron(マイクロン)
  • 品番:CT8G4SFS832A
  • メモリ規格:DDR4-3200MHz (PC4-25600)
  • ピン数:ノートパソコン用260pin(SODIMM )

ちなみに標準で搭載されていたのもMicron製で、追加購入した物とまったく同じものでした。

メモリ増設の手順

実際の分解手順を説明していきます。

裏蓋のネジを外す

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)の裏面とネジの位置が8か所

裏面を見ると赤枠のところに8か所ネジ止めされています。

ネジ止めは合計8か所です。

どんなドライバーでも良いのですが、しっかりした物を使ってください。

サイズが合わないものを使用するとネジ山が崩れて、ネジが回らなくなります。

今回は精密用ドライバーを使いました。

プラスの精密ドライバー

裏蓋を外す

ノートパソコンのネジを外して裏蓋が少し取れている

ネジを外すとつなぎ目部分が浮いてくるので、浮いた部分を持ち上げながら、さらに隙間を広げていきます。

隙間を広げる時は、金属のマイナスドライバーでこじ開けると部品を破損します。

手だとうまく開けられないので、プラスティック製の専用工具を使いましょう。

検索では「内張はがし」「パネルはがし」で調べてみてください。

パソコンの本体裏カバーを外すときは、金属製のマイナスドライバーなどでこじ開けるのはやめましょう。

金属のほうが硬いので、部品に無理な力が加わると破損したり変形する可能性があります。

パーツの配置

裏蓋が外れるとすべてのパーツが見えてきます。

赤枠で囲んだ部分がメモリスロットになります。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)の裏蓋を外してパーツが全部見えている

メモリスロットは2スロットあり、DDR4オンリーと書かれています。

メモリ交換方法はメモリカバー上に絵で説明されています。

メモリ装着の順番

左側がDIMM1、右側がDIMM2と書いています。メモリが1枚であれば、向かって左側の「DIMM1」に装着しましょう。さらにメモリを追加する場合は「DIMM2」に装着します。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のメモリスロットが2つ見える

メモリを増設する手順が描かれたシートをめくるとメモリスロットが見えます。

今回、追加するメモリを再掲しておきます。

  • メーカー名:Micron(マイクロン)
  • 品番:CT8G4SFS832A
  • メモリ規格:DDR4-3200MHz (PC4-25600)
  • ピン数:ノートパソコン用260pin(SODIMM )
crucialの8GBのメモリ

メモリの向きに注意

メモリの差し込みは向きがあります。メモリの端子部分と差し込み口の形をよく見比べて下さい。もし、差し込めないようであれば、1度作業を中止して端子の形を確認してください。間違ったまま無理な力を加えると、部品が破損するので要注意です。

今回は、シールが貼っているほうが見えるように差し込めばオッケーでした。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のメモリスロットにcrucialの8GBメモリを差し込んだ

間違っていたら差し込めないので大丈夫だと思いますが、端子の形をよく確認しましょう。

グイっと差し込んでも、画像のように斜め30度ぐらいで一旦止まります。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のメモリスロットにcrucialの8GBメモリを差し込んだ

ここからマザーボード側に向かって押し込み、固定金具が「カチッ」と音がすれば完全に固定されます。

メモリが固定されたら、裏蓋を閉じてネジを締めれば作業終了です。

パーツ構成変更後、再起動するとBIOS画面が出現

DELLのパソコンはパーツ構成変更後、再起動するとBIOS画面が出現します。

知らないとちょっと焦りますが、心配ありません。

パソコンの電源を入れると、以下の画像が出てきます。

再起動の画面

再起動の画面の拡大

「Warning Message」「Memory Change」と出てきます。

意味は、「注意です、メモリーの構成が変わったよ」ということです。

メッセージを気にせず「continue」を押すと通常の起動画面がでてきます。

メモリの容量確認

パソコンの「設定」→「バージョン情報」を開くと、スペックが確認できます。

こちらは、増設前の表示で実装RAMは8GBです。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のスペックを確認

増設後の実装RAMは16.0GBと表示されており、パソコンに認識されています。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)のスペックを確認

パソコンパーツの性能を測定するためCPU‐Z(無料です)を使いました。

メモリを確認すると「デュアルチャンネルの16GB」で認識されています。

DELL ノートパソコン(inspiron 5405)をCPU-Zでメモリの動作確認を行う

メモリ増設後に感じた変化

メモリ増設の効果を体感したのはYouTubeで4K動画を再生したときです。

メモリ増設前はYouTubeの4K動画を再生するとコマ落ちしてカクカクしていました。

当然、8Kになるとほとんど再生できない状態でした。

通信遅延かと思いましたがファイルは先読みできていたので、パソコンのスペック不足と考えられます。

メモリ増設後にYouTubeの4K動画を再生してみるとスムーズに再生できるようになりました。

さすがに、8Kになるとカクカクしますが4K動画が再生できていれば十分です。

◎:スムーズ再生 △:時々カクカク ×:再生ストップ

メモリの違い4K8K
8GB(増設前)×
16GB(増設後)
高画質動画がどの程度再生できるか(YouTube)

パソコン処理速度アップの方法

①パーツ交換(ハード)か②パソコン内部の設定変更(ソフト)の大きく2種類に分けられます。ノートパソコンの「パーツ交換」は、メモリ増設かSSDに変更(記憶装置がHDDの場合)ぐらいしか選択肢がありません。メモリ増設は差し込むだけなので、誰でも取り組みやすいパーツです。

まとめ

DELL inspiron 5405のメモリを増設しました。

メモリ増設前と比較してYouTubeの4K動画がサクサク再生できるようになりました。

処理速度は改善しているようなので、メモリ増設に挑戦する方は参考にしてください。

注意点として、本体裏のカバーを自分で外してパソコンが壊れた場合、保証期間内であっても保証が無効になります。

保証が無効になると困る場合はプロにお願いしましょう。

HPのノートパソコンもメモリ増設しているので、こちらも参考にどうぞ。

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人

ピコリ

【カングー/PC・ガジェット/DIY/節約好き】ルノーカングーに関するセルフメンテナンスや内装・外装のカスタム|古くなった車体やパーツをキレイに保つためのDIY情報|お得な車検情報|PC・ガジェットのレビューや設定|PCパーツの交換方法|節約できるDIYが趣味|