広告 TANTO

タント (DBA-L375S) リモコンキーの電池交換の方法

タント (DBA-Ⅼ375S) リモコンキーの電池交換は、手順さえわかれば誰でもできます。

ボタン電池(CR2032)はどこでも手に入るし、自分で交換すれば工賃分が浮きます。

「自宅の電球交換するのにお店の人に頼みますか?しかも別料金払って?」っていうぐらい簡単な作業です。

精密用プラスドライバーとボタン電池のCR2032を準備してください。

準備するもの

準備するもの

・精密用プラスドライバー

。ボタン電池→CR20232

あわせて読みたい

タント(DBA-L375S)リモコンキーの電池交換の方法

電池交換するための3つの手順

  • 予備キーを外す
  • 電池カバーを外す
  • ボタン電池の入れ替え

リモコンキーを分解する

リモコンキーの分解で大事なのは、ロックの解除です。

リモコンキーの上部にスライドできる部分があるので確認してみてください。

「電池カバーを外す時」と「電池を取り出す時」に精密用ドライバー(プラスとマイナス)が必要です。

予備キーを外す

ロック解除部分は横にスライドします。

横にスライドさせると「予備キーの取り外し」「本体カバーの取り外し」のロックが外れる仕組みになっています。

ロック解除を横にスライドさせながら、予備キーを引っ張ります。

ロックが解除されているので引っ張り出せました。

解除されていないとビクともしませんし、無理して引っ張ると壊れます。

ロック解除をスライドしていない状態だと、予備キーに突起部分が突き刺さって抜けない仕組みになっています。

ロック解除した状態だと、突起部分が引っ込んでいるのがわかります。

本体のカバーを外す

本体カバーを外す時もロック解除が必要です。

ロック解除した状態で、カバーをスライドさせると外れます。

完全に外れました。

電池カバーを外す

電池カバーは小さなプラスネジで固定されています。

ここで、精密用プラスドライバーが必要です。

手のひらに乗せるとこんな感じ。

かなり小さいので、油断すると無くします。

ネジがなくなれば、電池カバーは手でとれます。

よくみると、少しくぼんだ部分があるので爪をひっかけながら開けます。

電池カバーが外れるとボタン電池が見えてきました。

ボタン電池の入れ替え

電池のサイズはCR2032です。

どこのでも良いですが、安心感でいうと日本製ですね。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥450 (2024/04/18 20:26:12時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、中国製も悪くはないです。

実際にリモコンキーに使っていますが、今まで「新品だけど残量ゼロで反応しなかった」とかないです。

このあたりはお好みでどうぞ。

ここで、精密用マイナスドライバーに持ち替えました。

ボタン電池はピッタリとハマっているので、手で取ろうとしても無理です。

画像のようにマイナスドライバーを使ってボタンを押し込みます。

すると、押した部分の反対側が浮いてきました。

これだけ浮けば手で取れます。

ボタン電池を外したところです。

新しい電池に交換します。

電池カバーを戻す

電池カバーを戻します。

カバーのほかにゴム製のパッキンがあるので、無くさないように気をつけてください。

パッキンを敷いた後、カバーをかぶせていきます。

精密用プラスドライバーでネジを締めていきます。

本体のカバーを戻す

本体カバーをスライドさせながら戻します。

ロック解除をスライドさせながら押し込めば、ピッタリはまります。

予備キーを戻す

予備キーを差し込みます。

こちらも、ロック解除をスライドさせながら押し込むとピッタリはまります。

まとめ

これで完成です。

精密用プラスドライバーとマイナスドライバーが必要ですが、手順は簡単です。

ボタン電池(CR2032)も入手しやすいし自分で交換すれば工賃が浮くのでオススメです。

ただでさえ車の維持費は高いので、自分で出来ることが増えると節約になりますよ。

【無料】自動車保険の一括見積サービス「インズウェブ」

利用者800万人突破!

SBIホールディングスが運営する「インズウェブ」は、自動車保険の見直しに必須の「自動車保険一括見積もりサービス」です。

車の事故は、場合によっては「数千万から億」という莫大な金額がかかってきます。

その金額を「貯金」で返せますか?と聞かれると、よっぽどのお金持ちでない限り無理ですよね?

じゃあ、一般庶民はどうするか?というと、ここで「自動車保険」の出番になります。

自動車保険は、月々数千円の負担だけで「数千万から億」というお金を保障してくれる、ありがたい保険です。

ただ、「保険会社が多すぎてどこが良いのかわからない」という話も多く、よく聞くと「窓口まで行くのが大変」「安い保険はどこ?」「相見積もりする時間的余裕がない」ようです。

こういう悩みを解決してくれるのが、ネットで完結する「自動車保険の一括見積サービス」です。

ネットで一括見積りすれば「自宅にいながら簡単に安い保険会社が見つかる」し、同条件でも「比較してみると値段が違う」なんてよくある話です。

賢く家計を節約するなら、相見積もり(比較)しないと「損している」ことに気づけません。

今は、自宅にいながらネットで無料で完結するので、良い時代になりました。

興味があるかたは「インズウェブ」へどうぞ↓

>>インズウェブはこちら→自動車保険は比較で安くなる!

  • この記事を書いた人

ピコリ

カングー乗り|車のセルフメンテ|自宅のセルフメンテ|車検と保険のお役立ち情報|パソコンDIY|Windows設定|ブログ設定|ガジェット|キャンプ道具|動画配信|マンガ|節約と資産運用|楽天経済圏|Amazon|オルカン・米国株・日本の高配当株と中小型株を運用中|

-TANTO
-